iPhone XRはなぜ売れないのか
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

iPhone XRはなぜ売れないのか

 iPhoneXR 売れない 中国 販売価格 高
iPhoneが中国市場において低迷、とりわけiPhoneXRが予想よりヒットしなかったのは販売価格の高さが主な原因だと、
世界最大の日刊経済新聞紙ウォール・ストリート・ジャーナルの情報によって明らかとなった。

【はやり販売価格が高すぎる】

先週にAppleは2019年第1四半期の業績見通しを下方修正したが、
世界的な影響力を持つ日刊経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)はなぜiPhone XRが期待通りにヒットしなかったのかについて持論を発表し、
iPhone XRは失敗作だとはっきり決め付けるのはまだ早いが、深刻な問題に直面していることは間違いないだろうと指摘した。

Appleによる見通しを下方修正した投資家向け手紙の中でも示されている中国市場の低迷について、iPhone XRは低価格モデルとされているものの中国市場において高価なモデルが最大の原因なのではないかと同メディアが分析した。
iPhone XRのセールポイントであるFace IDやデュアルSIMカード対応、フルスクリーンデザインなどは、 iPhone XRよりずっと低価格で販売されている中国系メーカーのスマホでもすべて備わっている。
iPhone XSやiPhone XS Maxと比べてiPhone XRの販売価格は20%~25%ほど安いが、それでも最低6500中国元(約10万円)で販売されており、
比較的に年収の低い層には購買意欲が湧きにくい値段となっている。

同メディアは調査会社Canalysのデータを通して、中国スマートフォン市場において現地メーカーの台頭によりAppleのシェアがここ数年下がり続けていることを説明した。
シェア 問題 iPhoneXR 売れない 中国 販売価格 高

【iPhone XRは過剰生産】

また、去年10月の生産計画ではiPhone XRの生産量が45%を占めており、今では大量の在庫を抱えることに陥っているだだろうと、
サプライチェーン情報を入手したアナリストTim Arcuri氏が話した。

Appleは米中貿易戦争が中国市場低迷の原因の一つだとしているが、
為替の変動により予期の利益を出すためにiPhoneXRの販売価格をほかの地域より引き上げていることがポイントだと同氏が分析した。

過剰生産 貿易戦争 iPhoneXR 売れない 中国 販売価格 高

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません