2019年新型iPhoneのカメラは正方形配置か
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

2019年新型iPhoneのカメラは正方形配置か

 2019年 iPhone トリプルカメラ 正方形 レンタリング 画像 リーク
2019年の秋に発売されると見られるトリプルカメラ搭載新型iPhoneはそのカメラが正方形に配置されているレンタリング画像をDigit Indiaが公開した。

【レンダリング画像が公開】

現行フラグシップ機であるiPhoneXSシリーズが発売される前に、2019年の新型iPhoneはトリプルカメラ搭載との情報が伝えられていたが、
トリプルカメラとLEDフラッシュが正方形の枠の中に配置されるデザインになるとの情報をメディアDigit Indiaが入手し、さらにそのデザインのするiPhoneのレンダリング画像を公開した。
開発 デザイン 2019年 iPhone トリプルカメラ 正方形 レンタリング 画像 リーク
これまで幾度も新型iPhoneに関する情報をリークしてきたツイッターアカウント@OnLeaks氏によると、2019年発売の新型iPhoneについて、Appleは3つのカメラとLEDフラッシュを正方形に配置するデザインを検討していると報告し、同デザインはAR(拡張現実)機能の強化に繋がっていると推測した。
ただし、2019年の新型iPhoneは開発の初期にあたる技術検証試験(EVT)の段階であるとも書き込み、開発段階の進みに連れて今後のデザインは変更される可能性を示した。
AR機能 2019年 iPhone トリプルカメラ 正方形 レンタリング 画像 リーク
@OnLeaks氏のほかに、同じくリーク情報でお馴染みの@UniverseIce氏も、メディアDigit Indiaが公開されたレンダリング画像は本物だと述べた。


【AR機能の強化】

二年前にAppleはiPhoneXを発売する際にAR機能の普及にスマートフォン用ARプラットフォームARKitをリリースし、
去年の10月にAR機能に関連性の高いリアルタイムの映像合成用グリーンバック技術を持つ企業「Spektral」を買収したと報じられており、
AR技術に積極的に取り組んでいることは変わりがないようだ。

トリプルカメラは、オートフォーカスの高速化、3Dイメージの取得などAR機能の強化に用いられると見られているが、
2019年に発売される3モデルのiPhoneのうちに、どのモデルに搭載されるのかまたは全モデルに搭載されるのかについて現在では不明である。
 
トリプルカメラの搭載はハイエンドモデル機であるiPhone XS Maxの後継機種になるかもしれないとメディアDigit Indiaが予測した。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません