iPhoneXR/XSシリーズモデル、2019年春に48%減産
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

iPhoneXR/XSシリーズモデル、2019年春に48%減産

 iPhoneXR iPhoneXS iPhoneXSMAX 2019年 減産 大幅 予測 アナリスト
世界に有名なインベストメント・バンキングなどの業務を行うグループ「Citi」のリサーチ部門であるCiti Researchは、
2019年1月から3月においてiPhoneXSリリースやiPhoneXRといった2018年フラグシップ機の生産量を48%も減産するという予測レポートを発表した。 


【iPhone XS Maxが原因か】
iPhoneXSMax 原因 iPhoneXR iPhoneXS  2019年 減産 大幅 予測 アナリスト
元AppleのCEOを務めるスティーブ・ジョブズ氏が2007年に初代iPhoneを発売して以来、iPhoneのスマートフォン市場におけるシェアは一時も止まらずに成長してきたが、
iPhoneXS、iPhoneXS MaxやiPhoneXRの市場反応があまりよくないことを受け、新型iPhoneに関する宣伝にこれまでにないほど力を入れていた。
しかし、それでも予想した売れ行きに達することなく、「Citi」のリサーチ部門Citi ResearchはAppleが2019年1月から3月に2018年フラグシップ機の生産量を48%削減するという内容の予測を発表した。
レポートによると、Citi ResearchのアナリストWilliam Yang氏は上記3ヶ月の間にiPhoneXS、iPhoneXS Max、iPhoneXRを含む2018年新型iPhoneの生産量をAppleが4500万台までに削減するだろうと予測した。
この新たな予測は前に発表した5000万台だった予測より500万台も引き下げているが、その主な原因はiPhone XS Maxにあると同氏が記した。。

【複数のアナリストが減産を予測】
250万台 400万台 減産 iPhoneXR iPhoneXS iPhoneXSMAX 2019年 大幅 予測 アナリスト
Citi Researchだけが2019年の頭に新型iPhoneは減産されることを予測したわけではなく、
RosenblattのアナリストJun Zhang氏も減産に関する予測を発表した。

Jun Zhang氏は2019年の1月から3月までの間に新型iPhoneの生産量を400万台を削減すると予測し、
そのうちにiPhoneXRが最も減産されたモデルで、250万台になるという。


記事のコメント

0コメント数

コメントがありません