icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ

2018年第3四半期、国内でiPhoneの販売台数が27.5%増

 2018年 第3四半期 iPhone 販売台数 27.5% 増
市場リサーチ会社IDC Japanが2018年第3四半期(7月~9月)に日本国内におけるスマホの販売台数データを発表した。
それによると、同四半期においてiPhoneの販売台数は前年同期より27.2%も増加したことがわかった。


【ガラケーが幕を降ろすか】
IDC Japanの公開したデータでは、2018年第3四半期(7月~9月)における国内携帯電話の総販売台数は732万台で、
そのうちにスマートフォンが98.3%の732万台、ガラケーが2%未満の13万台だった。

また、同四半期に販売された13万台ガラケーのほとんどは機能が制限された子供か老人向けのモデルだけで、
通常の機能が備えたガラケーの販売台数は2018年第1四半期(1〜3月)からゼロの状態が続いていた。

【iPhone XS/XS Maxがピークをもたらす】
iPhoneXS XSMAX 2018年 第3四半期 iPhone 販売台数 27.5% 増
732万台というスマートフォンの販売台数は前年同期より5.6%増加したが、
9月に新型iPhoneであるiPhone XS/XS Maxが発売されてから、iPhoneの販売台数は前年同期より27.5%増にあたる353万台のピークを迎えたことによって実現したものと考えられる。

iPhoneの高騰と反対に、アンドロイド搭載のスマートフォン販売台数は前年同期より9.0%減の378万台で、
2016年第3四半期から継続していた、前年同期比でのプラス成長が止まっている結果となった。
このまま続くとiPhoneを下回る日が来るかも知れない。

【Apple、変わらず国内iPhoneシェアのトップ】
Apple 首位 2018年 第3四半期 iPhone 販売台数 27.5% 増
スマートフォンメーカー別のシェアでは、Appleは48.3%を占め、二位に圧倒的な差をつけてトップに居座り続けていた。
続いて2位は12.1%を占めるシャープで、3位はシェア9.0%の富士通、4位は7.9%のソニー、5位は7.3%の京セラという順位だった。

各メーカーにおける販売台数は、シャープは前年同期比7.4%増、富士通は6.9%増なのに対して、ソニーは30.7%減、京セラは31.6%減とという結果となった。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません