icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ

元Appleエバンジェリスト、iPhoneのバッテリー駆動時間が短い

 iPhone バッテリー 駆動時間 Apple エバンジェリスト 短い
元Appleのコンピュータのエバンジェリストを務めることで知られているGuy Kawasaki氏は、iPhoneバッテリーの使用時間が短いと指摘した。

【バッテリー容量は今の2倍がベスト?】
容量 充電 iPhone バッテリー 駆動時間 Apple エバンジェリスト 短い
現在ではシリコンバレーの著述家、投資家、ビジネスアドバイザーとして有名なGuy Kawasaki氏は、80年代の頃にAppleでコンピュータのエバンジェリストという職を務めていた。
 
そんなAppleとゆかりのあるGuy Kawasaki氏は、近年のiPhoneはデバイスのスリム化に重きを置くあまり、デバイスの命とも言えるバッテリーの容量さえ削られ、
持続時間が短くなっていると不満を語り、「もしバッテリー容量が現行iPhoneの2倍あるiPhoneを発売すれば即買いします」と述べた。
また、iPhoneを利用するのに1日2度も充電しなければ途中電池切れになることはとてもストレスで、
おそらくティム・クック氏にはiPhoneを充電してくれるコンシェルジュがいるのだろうと皮肉の言葉をも挟んだ。

【若者はiPadを使わない?】
iPad離れ  若者 iPhone バッテリー 駆動時間 Apple エバンジェリスト 短い
また、同氏は目下に自身がもっとも利用しているデバイスはiPadであるのに対して、ミレニアル世代の若者はあまりiPadを使わないと語った。
 
「私がiPadを利用する最大の理由はそのバッテリー容量が大きく、駆動時間が長いからだ。比較的に小さくて軽く、SIMカードも挿入できるため、Wi-Fiを探す必要がなく、スマートフォンからテザリングを行わなくて済む」と、同氏はほかのデバイスと比べてiPadのメリットを複数も挙げた。
「でもいまの若者を見てみると、iPadではなくスマホを愛用する傾向にある。私には息子が3人いるが、2人は23歳と25歳で共に成人しており、二人とも一般的なサイズのスマホを好んで使い、iPadをもつことおろか、iPadを使ったことすらなかった。」と、ミレニアル世代の若者のタブレット離れ事情を語った。

これを裏付ける調査として、アメリカで25万人を対象にしたアンケートでは、ミレニアル世代のほとんどがタブレットを持っていないことが判明し、これが2017年から2018年にかけてのタブレット所有率が下落している原因となっている。
同調査においてもう一つ面白いポイントとして、ベビーブーマー世代におけるタブレットの所持率は55%であることが明らかとなった。
 
しかしながら、オーストラリアではタブレットの売上台数は上がり続けており、2018年の上半期150万台が販売され、前年比で3.6%増となっている。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません