新型iPhone、最上位モデルは「Plus」ではない
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

新型iPhone、最上位モデルは「Plus」ではない

新型iPhone Plus デザイン プロセッサー カメラ アップデート 名称
デザインはiPhoneXのままで、主にプロセッサー及びカメラにおけるアップデートだと、2018年秋に発売予定の新型iPhoneに関する新しい情報をBloombergが伝えた。

さらに6.5インチOLEDモデルは「Plus」がつかない可能性が。


【性能とカメラのアップデートがメイン】
デザイン iPhoneX 同様 新型iPhone Plus  プロセッサー カメラ アップデート 名称
来月に発売予定の新型iPhoneはパフォーマンスとカメラ機能の向上がメインで、ローエンドモデルの名称は「Plus」ではないと、
Bloombergの新情報によって明らかとなった。

情報筋によると、5.8インチOLEDモデル、6.1インチLCDモデル、6.5インチOLEDモデルの三つ新型iPhoneは、
デザインが現行のiPhoneXとほぼ変わらず、6.1インチLCDモデルだけフレームとバックパネルがアルミ製になり、豊富なカラーバリエーションが期待できる。
三つ新型iPhone主なアップデートはデバイスの処理速度のパフォーマンスアップとカメラ機能の改善で、
処理速度ではA11チップより性能が30%以上アップするA12チップによって実現し、カメラ機能ではソフトフェアにおける改善がほとこされるという。

また、新型iPhoneの名称は、開発途中で何度も変更されており、2014年のiPhone6から大型ディスプレイ搭載モデルと通常モデルと区別を付くために起用している「Plus」のネーミングは、今年でほかのパターンに変更される可能性が高いという。

【iPhone以外の新製品】
Apple Watch 4 iPad 新型iPhone Plus デザイン プロセッサー カメラ アップデート 名称
次世代Apple Watch(Apple Watch Series 4)について、この前に伝えられた情報のように本体のサイズが変わらず、ベゼルを縮小させることで表示画面のスペースは大きくなっている。

Apple Watch Series 4のほかに、バッテリーの持ち時間が改善する新型AirPods、
去年の発表会でリリースを約束していた最大三つデバイスを同時にワイヤレス充電することが可能な充電マットAirPower、
iOS12ベータ版2のファームウェアからユーザー顔の動きを追跡するTrueDepthカメラの記述が発見されたFace ID搭載新型iPadなどが発表されるとBloombergが伝えた。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません