2018年新型iPhone、まもなく出荷される
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

2018年新型iPhone、まもなく出荷される

2018年 iPhone 出荷 5.8インチ 発売 遅れ テスト生産 8月 OLED
来月発売予定の2018年新型iPhoneのうち、OLEDディスプレイ搭載の5.8インチと6.5インチモデルのテスト生産が開始され、
8月末に出荷の見込みだということは台湾メディアの報道によりわかった。

【9月に本格的な量産がスタート】
9月 量産 2018年 iPhone 出荷 5.8インチ 発売 遅れ テスト生産 8月 OLED
今年ではOLEDディスプレイ搭載の5.8インチと6.5インチとの2モデル、6.1インチLCDディスプレイ搭載のローエンドモデルを加え計3モデルが発売されるとされているが、
iPhoneサプライヤーの工場が点在する台湾のメディア中央通信社が情報筋によると、5.8インチと6.5インチのOLED画面モデルはFoxconnが正式にテスト生産に取り掛かり、
8月の終わりに少量出荷し、9月に入ると本格的な量産を開始する計画だという。

また、LCDディスプレイ搭載6.1インチモデルのほうは、量産がOLEDモデルより遅い10月になる可能性が高く、昨年のiPhone Xのように9月に発表し、発売は11月になると同メディアが報じた。

【LCDモデル、発売は遅れる原因】
LCD 遅れ 原因 2018年 iPhone 出荷 5.8インチ 発売  テスト生産 量産 8月 OLED
LCDディスプレイモデル量産が遅れる原因について同メディアは触れていなかったが、
ディスプレイに用いられる0.3t規格のバックライトモジュールの歩留まりが低いためだという予測をMorgan StanleyのアナリストKaty Huberty氏が前に発表した。

また、先日にFoxconnがパソコンのウイルス感染で一時全ての生産ラインを停止したというは原因だとする観測も浮かび上がっているが、
今年Foxconnが組み立てを請け負う新型iPhoneは5.8インチと6.5インチのOLEDモデルの90%、LCDディスプレイモデルの30%を担当しているとみられており、
Foxconnの量産計画が遅れたとしても、Pegatronなどほかの6.1インチLCDモデルの組み立てを請け負うサプライヤーが予定どおり量産できれば発表イベントに間に合うと考えられる。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません