Apple 、2018 年 6月4日 に WWDC18 を 開催
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

Apple、2018年6月4日にWWDC18を開催

Apple 2018 6月4日 WWDC18 開催 iPad Pro Mac AirPower
太平洋時間6月4日午前10時から6月8日の四日間にかけて、去年と同じくカリフォルニア州サンノゼにあるマッケナリー・コンベンションセンターにで、
2018年のWWDC18を開催することをAppleがようやく発表した。

WWDCは開発者向けの交流イベントとなっているが、初日には新しい製品やiOS、macOS、tvOS、watchOSなどの最新バージョンOSを発表することが恒例となっているので、
今年も例外でなければiOS12、macOS 10.14、tvOS 12、watchOS 5が発表される他に、iPad ProとMacの新しいモデルが同時公開される見通しとなっている。

【iPad Proの新モデル】

情報筋によるとiPad Proの新モデルはiphoneXのようなフルースクリーンデザインとなっており、ノッチの代わりにベゼルを大きめに設けることでTrueDepthカメラをベゼルに埋め込み、Face ID対応が可能となる。
Apple 2018 6月4日 WWDC18 開催 iPad Pro Mac AirPower
【MacとMacBook Air】

Macの新モデルはトップクラスの性能を誇るIntelの第8世代Coreプロセッサが搭載すると予測されている。
MacBook AirにはRetinaディスプレイの後継モデルが発表されるとの推測。

【ワイヤレス充電パッドAirPower】

ほかに、iphoneX発表の際に、iphoneやApple Watch、AirPodsなどの最大三つワイヤレス充電対応デバイスを、
同時に充電することができるAirPowerを2018年にリリースするとAppleは約束していた。

しかし発熱の問題が解決していなかったため発売はしばらく見送られていたが、解決策を講じたという情報もあり、WWDC18で発売される可能性がかなり大きいと考えられる。

Apple 2018 6月4日 WWDC18 開催 iPad Pro Mac AirPower
5000人以上の開発者が参加すると予想されているWWDC18のチケット料金は1599ドルとなっており、
既に350名の学生またはSTEMの組員が、宿泊料込みの奨学金チケットを手に入れているようだ。
このイベントではApple所属の数百名のエンジニアが参加者と直接交流を行う予定となっており、新製品やOSより討論会の内容が気になる開発者であればAppleのオフィシャルサイトにてその内容を確認することができる。

接待規制の法律が原因で去年に続き、韓国のメディア関係者に今年もAppleから招待状が届いていない模様。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません