icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ

iOSにおける特定絵文字によるクラッシュのバグが再び

iOS iphone 特定 絵文字 クラッシュ バグ
iphone など iOS が使われているデバイスに 特定 の 絵文字 組み合わせを受信すると、メッセージアプリが クラッシュ してしまうという バグ が発生していると報じられた。

【またも特定文字によるクラッシュ】

2月下旬にiphoneを含むiOSデバイスは、インド南部で使用されているテルグ語の特定の文字を受信すると、
lineやほかのメッセージアプリがクラッシュしてしまうというバグが発生し、その後ではアップデートでバグが解消されたが、
今度は新たに特定の絵文字による同症状のバグが発生していると伝えられた。
iOS iphone 特定 絵文字 クラッシュ バグ
問題となる絵文字は黒の点と指による組み合わせとなっているが、この絵文字の組み合わせを受信し、開いてしまった場合、
メッセージアプリがクラッシュを引き起こして一切の操作を無効になってしまう状態となっている。
しかも、同メッセージアプリを強制終了させ、再度アプリを開いても、操作不能な状態のままが続くという極めて解消することが難しいバグといえる。

この絵文字組み合わせはCPUの計算サイクルに異常をもたらし、クラッシュに至るバグだとされているため、
すべてiOSデバイスにおいて発生しうるものと考えられる。
実際に、Macを使って同絵文字組み合わせをコピーしようとすると、RAMの作動に異常が発生し、30MBほど大きさの読み込み不能なファイルになってしまっていると、
9to5macの編集者が記事の中で実践を話した。


【バグの解決法】
iOS iphone 特定 絵文字 クラッシュ バグ
前述の絵文字組み合わせを受信し、メッセージアプリがクラッシュしてしまった場合、
解消法として3D Touch機能を利用して「新規メッセージ」でアプリを起動し、「キャンセル」ボタンを押してメッセージ一覧画面に戻り、
さらに問題となるメッセージをスレッドごとに削除することで解決できる。

また、3D Touch機能が搭載していないデバイスの場合は、他のデバイスでiCloudを通じてバグを引き起こすメッセージスレッドを削除することも解決策の一つ。

YouTubeチャンネルEverythingAppleProではその様子を公開している。


記事のコメント

0コメント数

コメントがありません