icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ

iOSとmacOS両方作動可能アプリを開発できるUIフレームワークは2019年に

アイコスシール ドクロ iqos ロエン roen スキンシール
一つの アプリ が iOS と macOS 両方 で利用できるようなアプリを 開発 できる新しいユーザインタフェース(UI)フレームワークは 2019年 のWWDCに持ち越しすると、
テクノロジーブログDaring Firebalの作者John Gruber氏が指摘した。

【新しいユーザインタフェースフレームワーク】
アヘ顔パーカー&ボクサーパンツ モノクロ セット
この間、IT界情報を主としている海外のDaring Firebalというブログを立ち上げたJohn Gruber氏が、
WWDC2018ではマルチパンプロジェクトと呼ばれる、iOSのプラットフォームUIKitとMacOSのプラットフォームAppKitとの間のAPI(ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様)不一致を解消出来る新しいユーザインタフェースのフレームワークをリリースするという計画が発表されると記した。

端的にまとめると、これまでiOSのアプリがiOSでしか作動できない、MacOSのソフトがMacOSでしか利用できないという状況を打破するために開発した新しいユーザインタフェースフレームワークは、同じアプリをiOSとMacOSとの両方で使えるものとされている。
また、マルチパンプロジェクトは一般のユーザーに対しiOSとmacOSの両方で作動できるアプリを提供するわけではなく、開発者向けに新しいユーザインタフェースのフレームワークを提供するためのものという。

しかし同氏は、マルチパンプロジェクトが2018年中に完成できず、WWDC2018では発表することができないと新たにブログに書き記し、
2019のmacOS 10.15、iOS 13がリリースするまでにマルチパンプロジェクトが完成するという。


【Microsoftがパイオニア】
グッチ アイフォンケース x グッチ風 iphoneケース gucci スマホカバー
デスクトップOSとスマートフォンOSを融合しようとするのはAppleが初めてではなく、彼のMicrosoftがこの道の先駆者だった。
Microsoftは同じユーザインタフェースのアプリでパソコンとスマホ両方で作動させようとし、最終的に実らなかったが、
対してAppleは、MacOSとiOSそれぞれ異なっているユーザインタフェースを持っているアプリの開発を可能としている。

John Gruber氏がリークしたあと、Appleがルチパンプロジェクトについてコメントを発表していないが、
ほかのルートからの情報も一切報道されていないようで、参考程度にとどめておいたほうがよさそうだ。
フェンディ アイフォンケース x パロディ アイフォンテン iphoneケース

フェンディ アイフォンケース x パロディ アイフォンテン iphoneケース
アイコスシール ドクロ iqos ロエン roen スキンシール
アヘ顔パーカー&ボクサーパンツ モノクロ セット
グッチ アイフォンケース x グッチ風 iphoneケース gucci スマホカバー

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません