icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ

AppleのARヘッドセット、「8K」ディスプレイ搭載か

シュプリーム アイフォンケース x supreme風 ハイ ブランド パロディ iphoneケース
Apple 社内では「T288」とされている ARヘッドセッ トには「 8K 」ディスプレイ、5nmプロセスのプロセッサーが搭載し、
専用のボックスと接続するのに新しいOSがリリースすると、海外のメディアcnetが伝えた。

【「8K」ディスプレイ、5nmプロセスのプロセッサー】
gucci 折りたたみ 傘 グッチ 日傘 レディース ハイブランド
「Totem」と呼ばれるARヘッドセットを開発した企業Vrvanaを買収
ARアプリのプラットフォームARKit 1.5をリリースするなど、
AppleはAR技術の応用に対して強い関心を持っているのは言うまでもないが、去年の年末には2018年後半から2019年までにARヘッドセットが発売されるという情報まで報道されていた。
アメリカのIT系メディアcnetによると、Appleは社内モデルナンバー「T288」とされているARヘッドセットを開発しており、
そのディスプレイの画素は8Kにも達しているそうだ。

ユーザーの動きをトラッキングするのには、従来のARヘッドセットのように各方位に専用外部機器または定点カメラを設置するという仕組みではなく、
ARヘッドセットと接続する特製のボックスだけで仮想オブジェクトの操作を実現するが、これはおそらく赤外線カメラを利用した「Totem」の技術が応用されていると考えられる。

ARヘッドセットとボックスの接続ではタイムラグのない60GHz短距離高速デジタル無線通信を採用し、後には高速な長距離無線通信が可能の次世代無線LAN規格802.11 ayへアップグレードする予定。
ARヘッドセットとボックスが接続するのに、専用のOSをリリースする可能性があり、ユーザーは音声、ハンドジェスチャーなどによってデバイスを操作することが可能。

また、ディスプレイの画素が8Kに達しているため、「T288」のボックスは2018年のiphoneに搭載予定のA12チップの7nmプロセスより高い性能を発揮できる5nmプロセスのプロセッサーを採用するかもしれないという。


【2020年までに発売】
iqos シール シャネル 側面 スキンシール アイコス chanel
Appleが密かにARを専門とする研究チームを設立し、関連のデバイス開発に取り組んでいるだという噂が前にも報道されていたが、
これほど細かな情報がリークしたのは初めてなので、各方面から考えても現実になる高いと言える。

このARヘッドセット「T288」は2020年までに発売するという予定であるが、あくまでも試作段階の製品過ぎないため、
プロジェクトの変更またはキャンセルの可能性があるとcnetが指摘した。
グッチ アイフォンケース x グッチ風 iphoneケース gucci スマホカバー

グッチ アイフォンケース x グッチ風 iphoneケース gucci スマホカバー
iqos シール シャネル 側面 スキンシール アイコス chanel
シュプリーム アイフォンケース x supreme風 ハイ ブランド パロディ iphoneケース
gucci 折りたたみ 傘 グッチ 日傘 レディース ハイブランド

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません