Face ID 搭載の iPad Pro は WWDC2018 で 発表 か
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

Face ID搭載のiPad ProはWWDC2018で発表か

iqosシール アメコミ マーベル アイコススキンシール 自作 ステッカー
Rosenblatt SecuritiesのアナリストJun Zhang氏が、今年の WWDC2018 ではiphoneXのような フルースクリーン デザイン 、
そして Face ID 搭載の iPad Pro が 発表 されるという予測を発表した。


【iphoneXのようなフルースクリーンデザイン?】
dad アイコス シール ギャルソン iqosスキンシール オリジナル
Appleが毎年の恒例として開催する開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference」(通称「WWDC」)、
去年のWWDC2017ではiOS11の披露や現在販売中の10.5インチiPad Pro、スマートスピーカHomePod、3モデルのiMacなどを発表した

今年のWWDC2018は、6月4日から6月6日までにカリフォルニア州に位置するサンノゼのMcEneryコンベンションセンターで開催される予定だが、
そこでFace ID搭載のiPad Proで発表されるのではないかとRosenblatt SecuritiesのアナリストであるJun Zhang氏が指摘した。

Face ID搭載の10.5インチと12.9インチiPad ProはiphoneXに寄せたデザインになり、
ホームボダンの廃止されたフルースクリーンスタイルが採用し、ベゼルも現行のiPad Proよりが縮小されるとJun Zhang氏が予測し、
コスト的な問題でiphoneXのようにOLEDディスプレイになる可能性は低いが、
賛否両論のノッチではなく、TrueDepthカメラのセンサーをベセルに収めるような設計になる可能性があるという。


【スペックと値段】
アイコス シール マーベル アメコミ iqosスキンシール marvel コミックス
スペックについては、中国のサプライチェーン情報によるとiphoneXのA11よりもパフォーマンスが高い台湾半導体メーカーTSMC製8コアの「A11X」チップが搭載され、
プロセッサー「A11X」は「Monsoon(モンスーン)」と呼ばれる高性能コア3つと、「Mistral(ミストラル)」と呼ばれる省電力コア5つからなっており、
現段階でもっともハードな7nmプロセスで製造されるとされている。

関心の高い価格についてJun Zhang氏は10.5インチiPad Proが649ドル(約68,742円)で、12.9インチiPad Proが799ドル(約84,630円)と予測した。
また、これまで様々なソースからの情報から分析すると、今年ではiPad miniのアップグレードはなさそうだという。
http://icase8.com/products/iqos/garson_dad-case-509.html

ギャルソン アイコスシール dad ステッカー iqos 通販
iqosシール アメコミ マーベル アイコススキンシール 自作 ステッカー
dad アイコス シール ギャルソン iqosスキンシール オリジナル

アイコス シール マーベル アメコミ iqosスキンシール marvel コミックス


記事のコメント

0コメント数

コメントがありません