2018年 の Mac に Apple 自社製 コプロセッサー が搭載
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

2018年のMacにApple自社製コプロセッサーが搭載

ロンハーマン スヌーピー アイコス シール iqos ステッカー スキンシール
海外のメディアBloombergによると、 2018年 の Mac には Apple 自社製 の コプロセッサー 「 T2 」が 搭載 されることが明らかになった。


【MacにT2コプロセッサーが搭載】
アイコス シール 2.4 plus ストリート ナイキ iqos ステッカー
iphoneをはじめ、iPad、Apple Watchなどの製品にAシリーズや、Sシリーズなど自社製のプロセッサーを搭載することが希ではなくなったAppleは、
2018年発売予定の新しいMacの3モデルに自社製Tシリーズのコプロセッサーを搭載する予定だとBloombergが報じた。

Tシリーズのコプロセッサー(補助プロセッサ)に属するT1コプロセッサーは既にiMac Pro 2017とタッチバー付きのMacBook Proに採用されており、
メインのデータ処理を行わず、タッチバーなどの機能に用いられている。
今年にリリース予定のMacに搭載するT2コプロセッサーはタッチバー、Touch IDの指紋データ、SSDメモリ、カメラのISPなどをコントロールする。


【Apple、全製品に自社のチップを搭載】
アイコススキンシール アニメ ガルパン iqosステッカー  島田愛里寿
前述したAシリーズや、Sシリーズ、Tシリーズプロセッサーのほかに、Apple Watch  Series 3とAirPodsに搭載されているWシリーズのプロセッサーが存在している。
iphone8とiphoneXにApple自社開発のGPUチップとAIチップが採用するなど、
半導体チップの研究開発に熱心なAppleは全製品に使われるプロセッサーなどのメインチップを自社が開発するという傾向にある。
製品に自社のチップを搭載することはコストダウンに繋がる以外、
昨年Intel製プロセッサーが深刻な脆弱性と持つためiphoneやApple TVなどの製品が影響を受けるというようなことを回避できるメリットもあり、
Appleにとっては一石二鳥であろう。

Appleの半導体研究チームを率いるJohny Srouji氏がQualcommからエンジニアを引き抜いていたという情報も報道されており、
Apple製のモデムチップがiphoneに搭載されることもそう遠いことではないだろう。
グッチ iphoneX iphone8 iphone8plus アイフォンテン ブランド 真珠 ケース ウィメンズ向け Gucci カバー ジャケット型 アイフォンエクス

グッチ iphoneX iphone8 iphone8plus アイフォンテン ブランド 真珠 ケース ウィメンズ向け Gucci カバー ジャケット型 アイフォンエクス
アイコススキンシール アニメ ガルパン iqosステッカー  島田愛里寿
アイコス シール 2.4 plus ストリート ナイキ iqos ステッカー
ロンハーマン スヌーピー アイコス シール iqos ステッカー スキンシール

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません