iphoneX を含む 2017年 の新モデル、 2016年 より劣勢
icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン
お知らせ
line

iphoneXを含む2017年の新モデル、2016年より劣勢

アイコス ステッカー ブランド iqosスキンシール AKIRA シュプリーム

2017年 に発売した iphone8 と iphone8plus 、さらに iphoneX の新モデル 販売台数 シェア が減少傾向に、
さらにiphoneXがiphone8を下回りすることを示すデータを調査会社Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)のデータによって明らかになった。



【iphoneX、iphone8より不人気】
アイフォンテンケース シュプリーム iphoneXカバー supreme アイフォンエクス
マーケティング調査会社Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)の最新のデータによると、
2017年第4四半期におけるiphoneの販売台数ではiphoneXが全体の20を占め、iphone8が24%、iphone8plusが17%となっており、2017年発売の新モデルはギリギリ六割のシェアを保っている。
これに対して、2016年の新モデルiphone7とiphone7plusでは、発売時の2016年第4四半期の販売台数がそれぞれ40%と31%を占め、
2017年新モデルの61%を10%上回っている71%を獲得している。

2016より選べるiphoneの種類が増えていることが2017年新モデルの販売数が61%しかない要因の一つかもしれないが、
iphone8のシェアがiphoneXを上回っていることも驚きべきことだ。


【iphoneSE、謎の人気上昇】
アイコス シール おすすめ ヴィトン iqos ブランド スキンシール
去年の12月にCIRPもiphone販売台数のシェアデータを公開したが、
その際に統計した12月中iphone販売台数のシェアではiphoneXが29%、iphone8が23%、iphone8plusが17%という内訳となっており、
2017年発売の新モデルが合計69%で、2017年新モデルの61%と大きな差は見られなかった。

iphone8とiphone8plusが24%と17%を維持している一方、iphoneXが29%から20へ%のダウンしたのがが大きな差を開いた原因とないる。
また、3%シェアに過ぎなかったが、8%まで拓大したiphoneSEも注目すべきポイント。
アイフォンテン デコ ケース ヴィトン シュプリーム iphoneケース supreme スワロフスキー
アイフォンテン デコ ケース ヴィトン シュプリーム iphoneケース supreme スワロフスキー
アイコス ステッカー ブランド iqosスキンシール AKIRA シュプリーム
アイフォンテンケース シュプリーム iphoneXカバー supreme アイフォンエクス
アイコス シール おすすめ ヴィトン iqos ブランド スキンシール

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません