icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

iphone8のためAppleが高額な製造装置を購入

iphone8に必要な部品であるRFプリント基板(RFPCB)を確保するため、
数千万ドルもする高額な装置を購入したを韓国メディアThe Investorが伝えられた。


【台湾の製造メーカーがサプライヤーチエーンから離脱】
iphone8 ケース ラインフレンズ ゆめかわ
RFプリント基板はディスプレイやカメラ、チップなどのパーツを組み合わせる際に必要不可欠な部品で、
秋発売予定のiphone8にももちろん使われているが、
韓国メディアThe Investorの報道によるとこれまでAppleは三社のサプライヤーからRFプリント基板が供給されていたが、
そのうちの台湾メーカーが契約を解除したという。

実際の解約の原因は発表されていなかったが、
Appleが製品に高い品質を求めるため製造プロセスが複雑になっており、
それを維持するのに利益がほとんどでないコストになってしまい、
契約から降りたとのThe Investorが推測。


【Appleが韓国の2社サプライヤーに装置を貸し出す】
iphone8 ケース ジョーダン
台湾メーカーの解約に、RFプリント基板の生産がiphone8に間に合わない可能性があるため、
Appleが自ら装置を購入し、韓国に拠点をおくInterflexとYoung Poong Electronicsとの2社サプライヤーにそれを貸し出したという。

この2社にAppleが1億枚以上のRFプリント基板を発注したほかに、
新たなサプライヤーを探しているそうだとも報じられた。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません