icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

iphone8はAR機能の為レーザーが搭載か

AR機能の為iphone8のバックパネルにレーザーが搭載されことを、
米メディア9to5macが報じられた。
iphone8 ケース モスキーノ 癒し

【ピント合わせが速まるか】

iphone8のデュアルカメラがAR機能の為に縦並びのデザインを採用と噂されていたが、
Appleの関係者によると、Appleがiphone8向けに半導体レーザー「VCSEL」(面発光レーザー)を用いた距離測量によるピント合わせ機能の開発と、
AR機能の向上に取り込んでいるとのこと。
iphone8 ケース ディオール ジャディオール
レーザーによる精度とスピードを兼ね備えたピント合わせ技術は既にデジタルカメラで応用されていたが、
スマホのカメラに用いるのはAppleが初めてだとAppleの関係者が述べ、
現にAppleのARアプリではバックカメラの光学データだけを頼りに作動しているが、
そこにレーザーの遠近データを加わるとARアプリの機能が一段と上がるだという。

【「VCSEL」に関する出荷情報】
iphone8 ケース グッチ
先月アメリカアナリストがiphone8に「VCSEL」レーザーが搭載という予測を発表し、
更に光学コンポーネントメーカーのFinisarが、
とある会社に向けて数百万の「VCSEL」を出荷しているとの情報もあった。
Finisar一社だけではなくLumentumもApple向けての出荷に生産をスタートしたことが伝えられた。


今年のiphone8はARに特化したモデルだと言われているが、
それ説がいまではますます現実味を帯びてきた状態となった。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません