icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

iphone8だけではなくMacも3D顔認証機能が搭載か

Appleが3D顔認証技術に関する新たなパテントを取得することが、
9to5Macの報道によって明らかになった。


【スリープモードで顔認証が可能か】
iphone8 ケース モスキーノ トランスフォーマー

秋リリース予定のiphone8は指紋認証の代わりに3D顔認証が採用との噂だが、
Appleの新たなパテントによると近い将来Macにも3D顔認証機能が搭載の可能性が非常に高い。

9to5Macの情報によりこのパテントは単なるロック解除機能のパテントではなく、
スリープ状態のままで3D顔認証を行い、肌の色、顔のパーツ、顔の動きなどの特徴がユーザーと該当すると、
スリープ状態が解除されることが可能だという。
従来のスリープモードから通常モードに移行し、パスワード入力などの手間と時間を省くことがパテントの目的となる。

iphone8 ケース グッチ
更に、ユーザーとデバイスとの距離のデータをもとにスリープモードをいくつかの段階に分けて、
その距離に応じて軽いスリープモードか深いスリープモードかを切り替わることで省エネを図る。

現在Macに搭載されているPower Napではスリープモードでも省エネでアップデートやメール受信などが行われるという機能があるが、
Power Napの新機能として3D顔認証が追加されると見られる。


【スリープモードでの顔認証がiphoneにも搭載か】
iphone8 ケース エムシーエム
Appleの持っている多くのパテント全てが製品に用いられるとは限らないが、
指紋認証の技術的問題が解決困難の現段階では3D顔認証に関する技術が更なる発展を見せることが期待できるはず。
マイクロソフトやライバルのSamsungがセンサーの不足をソフトで補うことでWindows Helloと虹彩認証でそれなりにいい成績をあげたので、
Appleも引けを取らない活躍を見せることは間違いないだろう。


iphone8に3D顔認証を用いての指紋認証廃止が現実になると、
スリープモードでの顔認証が次世代のiphoneに登場するのは時間の問題だと考えられる。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません