icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

iphone8はARに特化したモデルか

アメリカアナリストがiphone8にはAR機能のため半導体レーザーである「VCSEL」(面発光レーザー)が搭載との予測を発表した。

【「VCSEL」(面発光レーザー)がiphone8に】

iphone8 ケース ビトン

今月に開催されたWWDCでAppleがARアプリ開発プラットフォームのARKitを発表し、

9月発売のiphone8に向けてARアプリ開発に取り込んでいることを示唆した。


一方、先週の木曜日に光学コンポーネントメーカーであるFinisarが、
とある会社に向けて数百万のVCSELと呼ばれる半導体レーザーを出荷することが米メディアの報道により明らかになった。
その会社の情報は公開されていなかったが、Appleに関する予測の的中率が高い氏が、
「Finisarの取引相手はAppleだろう」と述べた。



【LumentumもAppleに「VCSEL」を供給】

イヴサンローラン iphone8 ケース

Appleに「VCSEL」を供給するのはFinisarの一社だけではなく、
投資会社Loup Venturesによると、
もうひとつの光学コンポーネントメーカーLumentumが今年第三四半期の出荷に向け、
既に5月からVCSELの量産を開始したそうだ。


様々な情報から見ると「VCSEL」がiphone8搭載することがほぼ間違いないと言えるが、
現代スマートフォン界をリードしてきたiphoneシリーズが果たしてどのようにAR機能に革命を起こすかが見所である。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません