icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

WWDC2017開催、IOS11新機能を一気見、新モデルiMacとHomePodも

アメリカ現地時間6月5日午前10時Appleマニアが待望のWWDC2017が開催され、
IOS11の披露やiMacの発表、予想されていなかったiPad Pro、
HomePodとネーミングされた年内発売のSiri搭載スピーカーなど、
二時間半にも及ぶプレゼントでは様々な情報と製品が公開された。



【新機能盛りたくさんのIOS11】


発表前に噂されていたユーザインタフェースがリニュアルされたIOS11の新機能をまとめて見てみよう。


ファイル管理アプリ「Files」が登場
ARアプリ開発のための新たなAPIであるARKit
App Storeのデザインが一新、新しいアプリをより簡単にみつける
Apple Payにピアツーピア決済機能(個人間支払い)が追加
機械学習をベースとしてSiriの学習機能がアップ
Siriに翻訳機能が加わるほか、音声がもっと人間らしくなる
「Do Not Disturb While Driving(運転中は邪魔しないで)」機能、通知と着信を自動シャットアウトできるモード
iPad向けのカスタマイズ可能なドック
iPadでドラッグ及びドロップ機能に対応
iPadのマルチタスク機能(2つのアプリを同時に使用)を強化
iMessageがiCloudに保存し、異なる端末にログインして会話を継続できる
コントロールセンターのデザインと構成が変わった。
キーボードフリックで記号や数字などの入力が可能
マップアプリでショッピングモールや空港内部の地図も見れるように
カメラと写メ機能がアップ

なお、IOS11の正式公開は今年の9月であるが、開発者向けのベータ版は今日から配布される



【3モデルのiMac】

21.5インチのiMac、21.5インチのiMac Retina 4Kバージョン、27インチのiMac Retina 5Kの3モデルが発表された。
Retinaディスプレイ搭載のハイエンドモデルは、Intelの第7世代CPUであるKaby Lakeを採用されている。
メモリは21.5インチがマックス16GB、Retina搭載がマックス32GB、27インチ型がマックス64GBとなり、27インチと21.5インチRetinaモデルはFusion Driveを標準搭載。
ハードディスク容量は21.5インチのiMacが1TBまたは256GBのSSD、
Retina 4Kディスプレイの21.5インチのiMacが1TBまたは1TBのSSD、
27インチiMacが3TBまたは2TBのSSDとなっている。


3モデルのiMacは今日から注文が可能で、
21.5インチiMac120,800円から、
21.5インチRetinaディスプレイiMacが142,800円から、
27インチモデルが198,800円からとなっている。



【Siri搭載スピーカー「HomePod」】


HomePodは高さ約7インチ(約18センチ)に全体がメッシュで覆われたデザインで、
iPhone6/6 Plusと同じくA8チップが搭載し、
「Spatial Awareness(空間認識)」を応用された7個のビームフォーミングツイーターで、
デバイス自身の位置を計算しボリュームを自動的に調整できる。


Apple Musicと連動し「Hey Siri」に対応でき、
Apple Musicライブラリの曲について質問することや、リプレイすることを呼びかけるだけで実現できる。
さらにノイズや反響音の除去機能があり大音量で音楽を聞いても「HomePod」から離れたところでも呼びかけに正しく反応できる。


「HomePod」のカラーはスペースグレーと白の2色となっており、
12月にアメリカ、イギリス、オーストラリアで349ドル(約3.86万円)のお値段で発売されるが、
現段階日本発売はまた予定されていなかった。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません