icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

iphone8のOLEDただの過渡?Appleがmicro-LEDを開発中

今年Appleが初めてOLEDディスプレイをiphoneに取り入れたが、
micro-LEDディスプレイの研究も行われていたという。


【マイナーではなくなるマイクロLED】
iphone8 ケース シュプリーム
先日海外メディアの報道により、Appleがmicro-LEDを専門とする会社を買取、
自社でmicro-LEDディスプレイを開発しようとしているだという。

今年の半ばからAppleがmicro-LEDディスプレイの量産に踏み込み、
次世代のApple Watchに用いるということをアメリカニュースサイトAppleInsiderが推測。

2014年以前にディスプレイの研究においていままでAppleは手をつけていなかったが、
micro-LEDディスプレイの技術を持つLuxVue Technologyという会社を買収してからその研究に積極的に取り込み、
徐々にmicro-LEDディスプレイも業界の注目を集めている。

micro-LEDは丈夫さ、画面の明るさ、薄さ、省エネなどにおいて、
いまメジャー的な存在である液晶ディスプレイより優れた性能を発揮するほか、
曲面デザインが対応できるというメリットを持っている。
しかしながら、マイクロLEDディスプレイの生産コストダウンに幾つかの問題で、
打開策を見つけ出さず量産に至らなかったためmicro-LEDディスプレイはまた普及していない。




【次世代iphoneに自社開発のマイクロLEDを採用か】

iphonex ケース シュプリーム

4月中旬にアメリカのナリストTimothy Arcuri氏では、

OLEDディスプレイに指紋認証センサーを埋め込む工程にイールドレートが低いため、
iphone8はデザイン変更が考えうるという分析レポートを発表していた。

二か月前に、Appleが傘下のLuxVue Technologyに通して、
micro-LEDディスプレイの指紋認証パテントを取得していることから、
次世代のiphoneにOLEDではなく自社開発のmicro-LEDディスプレイを用いることで、
OLEDディスプレイと指紋認証センサーの融合という難問を回避するかもしれない。


記事のコメント

0コメント数

コメントがありません