icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

iphone8には10nmシリコンウエハ採用か

AppleのサプライヤーであるSMC社が生産されているAシリーズのcpuチップは、従来のiPhone、現AppleのフラグシップであるiPhone7とiPhone7 PlusもA11チップが搭載されているが、今年発売の新たなフラグシップのA11チップは10nmシリコンウエハを採用するとの推測。


【A11チップは決定か】

ステューシー 偽物

製造プロセスというのは小さければ小さいほど多くのチップを組み合わることができ、より優れた性能を発揮するという具合のため、
それが多く業界の注目を浴びているポイントの一つ。

9月発売予定のiphone8もA11チップを採用という予測が出てきたが、
その16nmだったA11チップの製造プロセスは10nmにバージョンアップルするという推測が浮かび上がっている。
しかし、シリコンウエハの開発からテストを経て出荷、チップに組み合わせるのに少なくとも三ヶ月が必要のため、
SMC社が今月から生産に取り掛からないとiphoneの発売に間に合わないはずですが、
いまのところA11チップの10nm製造プロセスに関する報道はなかった。


【待望の10nmシリコンウエハ】

iphone8 ケース ケイト スペード

今年の10nmシリコンウエハの売り上げはSMC社の年商を10バーセント引き上げるという予測をSMC社が発表したが、
それを成し遂げるには今年のiphoneに10nmシリコンウエハを搭載させるしかないはず。


一方、Appleからすると16nmシリコンウエハ採用のA11チップでは10nmシリコンウエハより多くのスペースを占められ、
10nmシリコンウエハを採用し、空けたスペースをニューiphoneのセンサーやバッテリー容量のアップに使用することが合理的だという。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません