icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

iphoneの生産地Pegatron工場

去年の夏、ニューヨーク大学のOBであるDejian Zeng氏が、
台湾に位置するAppleのサプライヤーとしても知られているPegatron工場でiPhone 6sとiPhone 7の生産に携わっていたが、
その作業体験と生活などについて彼が話した。
iphone8 ケース シャネル

【厳重な警備】

最初にDejian Zeng氏が配属されたのはiphone6sの組み立て工程の最終段階を行うラインであるが、
そこでiphoneのバックパネルに保護フィルムを貼ったあとにネジを入れるだけの単純な作業を彼に任された。
この毎日機械と化して延々とする単純作業はつまらなかったと彼が言う。

Pegatron工場では安全設備やメタルセンサーが至る所に配置され、これらは秘密保護のためデジタル設備の持ち込みは禁じられている。
そのため作業中に音楽を聞くこともできなかったという。
iphone8 ケース ステューシー

【意外な給料事情】

9月に発売するiphone7の量産が始まる7月には、Apple本社から品質チェックを担当する社員が派遣されてきただけでなく、

更にメタルセンサーが増え、金属製のブラジャーのホックさえ通さなかった厳重な警備態勢だったということも伝えられた。


毎日12時間の作業時間にも関わらず、月給は450ドルだという自由時間にもお金にも余裕のない生活を送らなければならないため、
ひと月も経たないうちに従業員の殆どが交代するとDejian Zeng氏が語る。
マイケル コース iphone8 ケース

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません