icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

Appleが電源管理チップの開発を狙う

TechCrunchに報じられたGPUを自社で開発することを企画中だけではなく、Appleが電源管理チップの開発も検討されていることはDeutsche Bankのタレコミにより明らかになった。



【引き抜き既に行われている】
いまではドイツに位置するDialogSemiという、イギリスとドイツのジョイントベンチャー会社がAppleの電源管理チップを供給されているが、
より省エネルギーのチップを開発しバッテリーの寿命をあげることで、アンドロイドとの競争に優勢を保つことをAppleが狙いにしている。
また、AppleがDialogSemi社のエンジニアを引き抜いている噂も伝えられている。


しかし、DialogSemi社とのチップ供給契約はまだ2年もあるうえに、
2017年と2018年のiphoneに使用する電源管理チップをDialogSemi社が既に開発済みだということもあり、
電源管理チップの開発企画が本当だとしても、2019年までは市場シェアはいまと変わらないと見られる。






【株価15%も下落】


iphone毎年千万単位の売り上げの影響で、Appleの契約を打ち切りしようとする動きが報じられてからDialogSemi社の株価は15%も下落した。
一方、アナリストによるとAppleが電源管理チップの開発においてImagination社を置き換えるには1000名下らないエンジニアが必要だという、
この交代は簡単に進まないと見られる。


ここ数年Apple社は、Imagination社から数多くのエリートを引き抜き、
その後に契約を打ち切りiphoneに使用するGPUを自社で開発するという例もあり、
今回DialogSemi社に関する報道が事実なら、Imagination社と同じ道をDialogSemi社が辿るのではないか。

記事のコメント

0コメント数

コメントがありません