icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

カメラデザインは変わるiphone8と思しい設計図が

とある中国に位置するAppleのiphoneスマートフォンのパーツ製造メーカー富士康という工場に勤めているライン従業員により、

こちらのiphone8とおぼしいデザイン図を描かれていた。

真偽のほどは定かではないか早速見てみましょう。



注目すべきところとして二つ赤の丸はセンサーとカメラで両方ともディスプレイの下に埋め込まれていることによって、

正面では受話口以外の全てが操作エリアというデザインになっている。


更に電源ボタンのほうは従来よりやや長くなっているところも気になるポイントの一つで、
何か新たな機能があってもおかしくないでしょうか。






噂とおりホームボタンが廃止されてディスプレイのみが見えるよになった。
黒の矢印がフレームの継ぎ目となっている。





こちらではカメラとフラッシュが一風代わり、これまでAppleのしたことのない縦デザインとなった。
それから、手書きのこの図によればカメラがバックパネルと同じラインではなく、やや突きてていると見てもいい。







最後にこれらの手書き図を基づいてこちらの予想図が出来上がった。

これだけを見て最先端のデザインを追求するAppleは相変わらず素晴らしい作品を今年も届けくれることになるのではないか。


記事のコメント

0コメント数

コメントがありません