icase8 へようこそ! 新規登録 ログイン

iPhoneX遂に登場?レンダリング画像多数

著名デザイナMartin Hajekにより新たなコンセプトデザインのiPhoneXが公開された。
今回のデザインでは初代iPhoneのデザインアイデアを複数取り込み、より大きなスクリンと縁なしデザインをメインコンセプトとしている。
驚くことに実際の製品と殆ど同じレベルの精密なレンダリング画像も幾つか公開されている。

しかしながらこれらはあくまでもコンセプトデザインに過ぎず、今年に発売する新たなiphoneに影響することがあるかどうかはまた定かではない。




初代iPhone風のデザインがふんだんに使用


初代iphoneとそっくりなシルバーとブラックを組み合わせての配色。





iphone7と異なり、カメラが平らかになっている。



次世代iphoneには有機EL(OLED)ディスプレイを採用と、噂されているように、ホームボタンが内蔵されている。







【iphoneXを初代iPhoneと並べて




初代iPhoneの丸みを帯びたデザインのテイストを、現実的な形で取り込んでいる。


この二つを一緒に置いてみると、かなり似ているということは言うまでもない。





記事のコメント

0コメント数

コメントがありません